遺品の買取業者の中にはブラックに近い業者もいます。

処分もしたいと考えている心理を利用して、遺品を安く引き取って転売をしている業者です。

そんな大切な財産を悪徳業者に任せたくありません。

ここでは処分まで請け負う業者による思わぬ落とし穴をご紹介します。

悪徳業者の実態

ますます進む高齢化による核家族も増えています。
相談者も少なくなってくる独りの生活、そんな現状を利用して遺品の処分まで行う業者の中には、下記のような詐欺をする悪徳業者がいます。

・見積もりを明確に出さず、追加料金を請求された
・先払いで費用を払わされ、その後連絡がない
・処分の依頼をした遺品を不法投棄された
・詳しい説明もないままに価値のある品物を処分扱いにされた

このような業者にだまされないようにするためには、業者との打ち合わせを重ねていく過程で悪徳業者なのかを見極めるしかありませんが、実際には難しいといえます。
では、どうすれば良いのでしょう。

「買取から処分まで」を請け負う業者には買取りはまかせない

安く買取られて転売される

特に遺品の買取から処分まで請け負っている業者には特に注意が必要です。
残された遺品の価値、特に美術品や骨董品、着物などは専門の目利きでなければ本当の価値はわかりません。

依頼主が遺品の価値がわからないことを知ると、処分も考えている依頼主の心理を利用して、言葉たくみに安く買い取り、転売して儲けている悪徳業者もいます。
これが怖い落とし穴です!

業者から廃棄処分といわれた品物がリサイクルショップで販売されていたら、どんな気持ちになるでしょうか。
損得勘定以外にも心が傷つきます。

鑑定が正確ではない

「処分まで頼めるなら、楽そうだし」とも思えますが処分まで行う業者は、そもそも廃棄業としてスタートしていますので品物に関する目利きの部分でも信用できません

見積りに来てもらっても、いきなりその場で必要な物とそうでない物を選別させらてしまうケースもあります。
価値がわからないまま業者と一緒に選別しても、結局は業者のいいなりになってしまい、高価な物まで処分させられてしまう危険があります

小さな規模の業者に良く見られるようですが「価値がわからないから」では済まされません。

「近所にあって便利そうだから」「手間がかからないから」といったことで業者を決めてしまうと損をする危険があるのです。
遺品の中には高価な値段で買い取られる品物もあるも知れないのです。

故意に安く買い取る悪徳業者、価値がわからぬまま買い取る業者、いずれにしても故人の遺品は遺族の財産ということを考えると何ともひどい話です。
ご自身では価値がわからない品物があれば、処分まで請け負う業者には頼まないほうが安全です。

まとめ

価値がわからないまま引き取られるよりも適正な価格で引き取ってもらったほうがスッキリしますし、何より故人がよろこぶのではないでしょうか。

といっても、遺品の買い取りなどは一生の内にそう何度もないので、どう判断して良いのかわかないところでもあると思います。
そこで次の三つの条件がそろっていれば今の時代では安心してお任せできます。

・全国展開している
・実績がある
・専門の鑑定士がいる

この三つがそろっていれば、安心して依頼できます。